再任用職員貸付

定年退職後再び勤務しているときの貸付け

 この貸付けは、再任用職員(短時間勤務職員を除きます。)である組合員に対するもので、普通貸付、特別貸付又は住宅貸付(増改築等修理の場合に限ります。)の貸付事由に該当するときに利用することができます。

申込みの資格

 再任用職員で札幌市職員共済組合の組合員(フルタイム勤務の再任用職員が対象で、短時間勤務職員は対象になりません。)

貸付けの対象

 1.普通貸付の貸付事由に該当するもの。

 2.特別貸付の貸付事由に該当するもの。

 3.住宅貸付の貸付事由のうち、増築・改築・修理に該当するもの。(住宅の新築及び購入並びに土地の購入は、貸付けの対象外です。)

貸付金の限度額

 貸付金は、1万円を単位として計算し、最高33万円を限度とします。ただし、年度の途中から貸付けを受ける場合は、貸付けを受ける月の翌月から起算して貸付年度の3月までの月数1月につき3万円を限度とします。
※ 既に再任用職員貸付を受けている方が、再度貸付けを受ける場合の限度額は以下のとおりです。
  「貸付限度額 = 貸付けを受ける月における限度額 - 貸付けを受ける月における未償還元金」

申込みから借受けまで

  1. 申込み

    (1) 所定の貸付申込書に、貸付事由の該当する普通・特別貸付の添付書類を添えて、原則として本人が共済課事業係へおいでください。(提出書類は、提出書類一覧で確認してください。なお、貸付事由が住宅貸付の増築・改築・修理に該当する場合は、普通貸付「構築物」の場合と同じ添付書類になります。)

    (2) 必要に応じて参考書類の提出を求める場合があります。また、申込時に提出された書類は、返却いたしません。

    (3) 貸付けの申込みについて受付時期がありますので、ご注意ください。

    ※ 借受後に提出していただく書類に期限を定めていますので、資金交付の希望時期をよくご検討のうえ申し込んでください。 

    ※ 借受後書類を提出しないときは、当該貸付けを取り消し、即時償還を命じます。また、その後新規の貸付けは行いませんのでご注意ください。

  2. 審査・決定

    (1) 毎月5日までの平日に申込みのあった分を審査し、貸付決定します。

    (2) 貸付決定通知書及び貸付金借用証書を、申込人へ直接送付します。

  3. 資金交付

    貸付金は、月の25日(当日が銀行休業日のときは翌営業日)に申込人が指定した口座に振り込まれます。

貸付金の利率

 貸付金の利率は、年利1.26%です。(変動金利)
 詳細については、「貸付金利率」をご覧ください。

償還期間

 貸付けを受けた年度内で償還していただきます。(例えば、4月の貸付けの場合は11回払い、7月の場合は8回払いとなります。)

償還方法

 毎月の給料から控除します。