退職した後の健康保険について

退職後の健康保険は退職後の状況により、以下の通り適用される健康保険の種類が異なります。

フルタイム勤務職員として再任用される方

退職前に引き続き、当共済組合の組合員となりますので、手続きは不要です。

再就職をして、就職先から健康保険証をもらう方

勤務先の健康保険の被保険者となります。

再就職しない方、再就職先で健康保険に加入できない方、短時間勤務職員として再任用される方

    次のいずれかとなります。
  1. 当共済組合の任意継続組合員となる。
  2. 国民健康保険の被保険者となる。
    ⇒加入には、当共済組合が発行する「資格喪失証明書」が必要になりますので、共済組合にご請求ください。退職日の翌日から14日以内に、お住まいの市区町村の国民健康保険担当課で加入手続きをしてください。
  3. 家族が加入している健康保険の被扶養者になる。
    ⇒被扶養者となるための条件および手続きについては、ご家族の勤務先等へお問い合わせください。なお、当共済組合の組合員の被扶養者になるための条件および手続きについては被扶養者または、被扶養者になれない人とは被扶養者の届け出についてをご参照ください。

お問い合わせは医療給付係(011)211-2432へ